ホールフード

AGEフードコーディネーター養成講座とは?

更新日:

これまで野菜コーディネーター発酵食スペシャリストホールフード基礎講座の通信講座を受講してきましたが、続けてタカコナカムラ先生監修のAGEフードコーディネーター養成講座をモニター受講させていただくことになりました。

人は誰でも、年を重ねるとともに色々な老化現象が起きてきます。あらゆる老化現象を引き起こす原因の物質が『AGE』であると発見され、今、注目を集めています。

『AGE』とは、タンパク質と糖が加熱されてできた物質のことで、AGEが体の中に蓄積すると、さまざまな老化現象や病気が引き起こされると考えられています。

『AGE』は食べ物によって体内に蓄積されていくので、老化を遅らせるためには、食生活を改善させることが大切です。この『AGE』を溜めない食生活を実践できるようにするため勉強がAGEフードコーディネータ養成講座です。

スポンサーリンク

AGEフード・コーディネーター養成講座ではどんなことが学べるの?

AGEフード・コーディネーター養成講座では、AGE研究の第一人者であるお医者様の山岸昌一先生がDVDで基礎からわかりやすく解説。

さらに、AGEを溜めない食生活についてはタカコナカムラ先生が詳しく教えてくれます。

 

 

AGEフードコーディネーター養成講座の教材の内容

早速、AGEフードコーディネーター養成講座の教材が届いたのですが、

age1

  • AGE攻略レシピが1冊
  • AGEためないレシピが1冊
  • exAGEハンドブック というカロリーとAGEを数値化したものが書かれた本が1冊
  • AGEフードコーディネーター養成講座DVD2枚

あとは、

  • 課題提出用の問題集が1冊

野菜コーディネーターや発酵食スペシャリスト養成講座に比べてテキストも少なく、課題も少ないように感じました。

ためないレシピでは、

age4

今、こんな朝食をとってるなら、ココとココを改善して、こんな朝食にするだけで、AGEをセーブすることができますよ。など、低AGEレシピが和洋中からスイーツまで全51品を作ることができます。

exAGEハンドブックには、

age3

いつも食べているあじのフライなどが、どのぐらいのカロリーがあり、AGEがどのぐらい含まれているかわかるexAGEという数値が掲載されています。

勉強というより、料理の延長のようで、楽しいそう。

AGEは同じ食べ物でも、調理によって変わってくるので、コレが食べたいというものがあっても、調理法をかえるだけでexAGEを少なくすることができるんですね。

中には高exAGE食品ワースト5が載っています。

おいしいものほど、老いやすくなってしまうんですね~。献立をたてるときに参考になりそうです。

 

AGEフード・コーディネーター養成講座のボリュームは?課題は難しい?

AGEフード・コーディネーター養成講座は、通信講座ですが、テキスト3冊とDVDで勉強した後、課題集の問題を提出して70点以上とり、リポート合格で合格となります。

送られてきた教材のほとんどがレシピ、カロリー表で、勉強する内容というのが、ほとんど、ホールフードや野菜コーディネータ養成講座、発酵食スペシャリスト養成講座で習った内容なので、すでに学習済みの私には、少し物足りなさも感じますが、初めて受講される方には、内容がギュっと凝縮されて短期間で学ぶことができる講座になっています。
age6

AGEフードコーディネーター養成講座の標準受講期間は2か月(無償で4か月まで延長可能)でその間に提出する指導課題は1回。

知識問題とレポートです。

どのぐらい難しいのか、その内容はこのあと、実際にやってみてまたこちらのサイトで報告していきたいと思います。

 

AGEフード・コーディネーター養成講座ではどんな資格がとれるの?

講座を受講して、知識問題70点、レポート合格で『合格』となった人には、ホールフード協会より『AGEフード・コーディネーター』資格が認定されます。

認定は有料で、がくぶん発行の修了証の場合は 3,300円、ホールフード協会の『AGE フード・コーディネーター』認定少々の場合は、6,600円の別途費用がかかります。

 

『AGE フード・コーディネーター』の資格は民間資格なので、これをとったからすぐに仕事に就けるというものではないですが、これからの高齢化社会、『老い』を遅らせる食生活について詳しく理解しているという知識は、老人ホームや介護食、レストラン、等食に関する仕事に就くのに有利な資格といえるのではないでしょうか?

 

AGEフードコーディネーター養成講座はがくぶんの通信講座です。さらに詳しく知りたい方はこちらから資料請求してくださいね。

資料請求はこちら↓から
AGEフード・コーディネーター養成講座 

 
【関連記事】

 
 

スポンサードリンク





-ホールフード

Copyright© おいしくて安全な暮らし , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.