らでぃっしゅぼーやの平飼いたまご

らでぃっしゅぼーや

らでぃっしゅぼーやで売っているたまごには、種類があまりなく“平飼いたまご”に限定されています。

P1070376radish-paret

通常、鶏がギュウギュウの鶏舎の真っ暗な中に育てられてるのに対し、“平飼いたまご”とは、自由に動き回れる明るい鶏舎で育ちます。

らでぃっしゅぼーやの平飼いたまごを産む鶏はどんな環境で育てられるのか、どんな飼料を食べてみるのか、平飼いたまごの味を紹介

スポンサーリンク

らでぃっしゅぼーやの平飼い卵を産む鶏の育つ環境

らでぃっしゅぼーやの平飼いたまごは、自然光の入る、平飼い開放的鶏舎でのびのびと元気よく育ちます。

一般の産卵場では、ウィンドウレス鶏舎という窓がなく、薄暗い中でギュウギュウに詰められて育っています。

これは、光が差し込み、動ける環境では、無駄に鶏に運動し、その分えさがかかるからと聞いたことがありますが、とってもかわいそう。

小さなゲージの中で機械的にたまごを産んでいる状況ですが、平飼い鶏舎の場合は、鶏が元気に育っています。

スポンサーリンク

らでぃっしゅぼーやの平飼いたまごを産む鶏が食べている飼料

一般の産卵場での鶏の飼料は、遺伝子組み換えのとうもろこしなどが与えられています。

現在、遺伝子組み換えの食べ物が使われるのは、ほとんど家畜の飼料として使われており、遺伝子組み換えでないものを手に入れること自体が難しく、値段も高騰していますが、らでぃっしゅぼーやでは、配合飼料も非遺伝子組み換えのものを選別しています。

スポンサーリンク

らでぃっしゅぼーやの平飼いたまごの味

らでぃっしゅぼーやの平飼いたまごをたべてみました。

P1070377radish-paret

中には、パック詰め日と賞味期限が書いてあります。

ここが生活クラブとちがうんだな~。生活クラブの場合は、採卵日が書かれています。パック詰め日=採卵日ではないので、いつとれたか書いてくれるとうれしい。

生活クラブの場合は、とれたてのたまごが配送されてきます。らでぃっしゅぼーやの場合はわかりませんね。

私が平飼いたまごがあまり好きじゃないとおもったのは、生活クラブの平飼いたまごは、自由に歩き回っているらしく、草などを食べるんですね。

黄身の色は、えさの色に影響するので、水をのんだり、草をたべたりする生活クラブの平飼いたまごの黄身の色は、かなり薄く、日によっては黄緑がかっていたりします。しかも黄身が平たくべちゃ~としています。

水を飲んだ鶏の白身はシャバシャバで、目玉焼きにするとシャーと白身が流れてあまり上手につくれない上、黄身の色も薄すぎて・・。

卵は見た目じゃない・・わかってはいるんですけど、ついつい食べなれたゲージ飼いのたまごを選んでしまいます。

生活クラブの場合は、市販のたまごと平飼いたまごの間のたまご、ゲージ飼いだけれども明るくて窮屈ではないという卵があるので、草などはたべない卵が売っています。

市販のものより安心でおいしい。

P1070378radish-paret

ただ、らでぃっしゅぼーやの平飼いたまごは、黄身の色もうすくないし、白身もプルンプルンしていました。

殻もカチカチでしっかり。

P1070379radish-paret

そして、黄身がしっかりしていました。

P1070396radish-paret

下手ですが、出し巻きたまごにしてみたら、ふわふわでめっちゃくちゃおいしかった~。

らでぃっしゅぼーやの平飼いたまごは、6個で364円、10個で556円、登録サービスを利用するといつでも3%引きになります。

らでぃっしゅぼーやでお取り寄せしたら、たまごもぜひ食べてみてください。

→ らでぃっしゅぼーや 4週間トライアルを申し込む
 この季節限定のらでぃっしゅぼーやのおためしセットを見てみる

生活クラブの平飼いたまごは6個292円。

→ 安心な野菜お肉・生活クラブ宅配

【関連記事】

おいしくて安全なたまごの選び方

タイトルとURLをコピーしました