おいしくて歯とからだにやさしいミントタブレット

ペッパースミス 生活雑貨

眠いときに食べると目が覚める、ミントタブレット。一般に売られているものは、人工甘味料やその他添加物が使われていますが、こだわりの天然素材でつくられたナチュラルなミントタブレットを紹介します。

pepper1

こちら、ペッパースミスフレッシュミントです。

スポンサーリンク

天然素材にこだわったミントタブレット

pepper4

ペッパースミスフレッシュミントは、人工甘味料、砂糖、保存料を使ってないナチュラル素材のミントタブレットです。

そのほかに使われているものも天然素材のものを使用しています。

アラビアガム(増粘剤)・・・全ての原料をくっつけるために使用。

カルナウバろう(光沢剤)・・・コーティングして、湿気から守るために使用

ステアリン酸カルシウム・・・ミントを成形するマシーンに他の成分がつかないようにするために使用

また、ミントはイギリス南岸ハンプシャー州にある小さな農家が栽培している高品質のペパーミントを使用。

人口香料をつかったミントよりもさわやかでまろやかな香りで、とげとげしさがありません。ふだん、人工香料を使ったものになれているとスースー感がものたりないかもしれませんが、これが自然なミントなんだなと納得。

上品な味のミントタブレットです。

スポンサーリンク

キシリトール入りで歯にもやさしい

甘味料として入っているのは植物性キシリトールのみ。なんと、ミントの重さのうち92%がキシリトールが入っています。

キシリトールは、初めて1900年初頭にフィンランドの白樺の木から作られましたが、キシリトールには、味が良いだけではなく甘味があり、歯にもいいという効果があります。

しかも甘味があるのに砂糖に比べてカロリー40%off糖質75%offと食べても太りにくいのも安心です。

世界ではコーンからとられるキシリトールもありますが、ペッパースミスのは、ヨーロッパ産の樺の木やブナの樹からとっています。

コーンなら遺伝子組み換えの心配もありますが、カバの樹やブナの樹ならそういう心配もないですね。

スポンサーリンク

パッケージもエコ&遊び心がある

パッケージはプラスチックだけでなく、紙でできていてエコ。

pepper7

中身をあけるには、ひげの部分を押すと開くようになっていて、

pepper6

なんとあけるとおじさんが。このおじさん、いろいろ種類があるみたいで、誰がでてくるかはおたのしみ。遊び心がありますね。

スポンサーリンク

おいしい!それが一番!

天然素材でできたミントタブレット、安心、安全であることはうれしいのはもちろん、一番いいのは、おいしいこと。

イギリスでおいしい食品におくられるグレートテイストアワード金賞を受賞しています。

私は、一般的なミントタブレットを食べると、歯磨き粉同様、おえって気持ち悪くなるんですけど、あれってやっぱり人工的な添加物のせいなんでしょうか。これを食べても全く気持ち悪くならないし、おなかもこわしません。

タブレット自体かまなければ結構長持ちしますし、もともと市販のものより大きい。

最後までなくなったあと、口のこりもなく、すっきり。

私は、花粉症の季節、鼻がむずむずすると、タブレットを食べると鼻が通ってスーとするのですが、そのスースー感は一般的なものの方が強いです。

でも、これでも十分。

眠いとき、気分転換、頭や口をすっきりさせたいとき、運転中などにおいしいタブレットはとってもいいですね。

花粉症の季節はおいしいから絶対これにしようと思いました。

安心安全なミントタブレットがほしい人はぜひこれを!おいしいだけでなく、環境にもからだにもやさしいタブレットです。

購入はこちらから

タイトルとURLをコピーしました