安全な食の選び方

キャリーオーバーって何?安全な加工食品の選び方

更新日:

キャリーオーバーとい言葉をきいたことがあるでしょうか?

原料に入っていても製品をつくるときに添加せず、量や効果がほとんどないものは表示が免除されます。それがキャリーオーバー。

たとえば、しょうゆせんべいにぬってあるしょうゆの中に保存料が含まれていたとしても少量で保存料として効果がほとんどないといったものには、表示義務はありません。

ただし、たとえばあられの原料のモチに食紅を使った場合、どんなに少量でも、最終製品のあられがピンク色になっていれば、効果があるので、キャリーオーバーには該当せず、着色料の表示義務があるそうです。

 

添加物の効果が色や香りならわかりやすく入っているかどうかの判断がつきやすいですが、保存料などは、五感では判断できません。

現在では、ごく微量の材料でもアレルギー反応を起こすという人も増えています。

生活クラブでは、キャリーオーバーとみなされるものに関しても原則全表示しており、アレルギーが心配な人には安心です。

また遺伝子組み換え作物も醤油、コーン油、なたね油に関しては遺伝子組み換え作物をつかっていても、表示の義務はありません。

表示義務があるのは、大豆、とうもろこし、てんさい、なたね、パパイヤ、アルファルファ、ジャガイモ、綿、それらを原料とする加工食品などのみなので、いつのまにか食べている・・・ということがあります。

また、全製造過程において、原料の5%以下であるならば表示はしなくてもいい、また5%以上だとしても上位3つに入らなければ表示義務はないので、国産の表示があるにもかかわらず、第4位だからと輸入原材料が入っていることがあります。

そんなこんなで、わたしたちは、いろんなものを知らずしらずに食べていることがあります。

 

またまた、店頭で手渡しでわたされる包装がないみたらしだんごやパッケージが小さすぎて中に何が入っているかかききれないコーヒーフレッシュなどなかみの表示義務からまぬがれるたくさんのぬけ道があるために本当は添加物が入っているのにはいってないようにみえるというカラクリがたくさんあります。

全部が全部は無理だと思うのですが、日常、自分が材料を買って作って食べるものぐらいは、把握しておきたいもの。

 

生活クラブの加工品は、たとえばしゅうまいならシュウマイの皮も生活クラブで売っているもの、豚肉も生活クラブの豚肉なので、調味料も生活クラブのものなので、自宅で生活クラブの原料でつくったものと同じものが手に入ります。

なら自分で作れよ・・と言われそうですが、(実際生産者の人に、自分で作っても一緒よ~といわれたこともある)作るのがしんどいときもあります。

 

パンに関しても、パン屋さんが生活クラブから注文をうけて作っているのですが、小麦は、生活クラブから国産小麦を仕入れているとのことで、中に入っているものが明確でトレーサビリティがはっきりしています。

生産者の方も生活クラブの組合員になっている方がほとんどで、同じ生活クラブの原材料を使って加工品を作っていることが多いので安心です。

 

特に加工品に関しては、そうした原料のなかみまできちんと確認された会社のものを使うと安心です。

 

安心な加工品を扱う食材宅配

>>野菜セットお試し可能4週間はらでぃっしゅぼーや全商品配送料無料!(冷凍お惣菜も原材料の身元が明らか)

>>美味しい安心食材生活クラブ宅配(キャリーオーバーまで表示が原則)

>>大地宅配
(確かな情報を集めて開示を原則)

 

このお店以外で購入するとき、○○剤、○○料は入っておらず安心ですという表示の場合、違う食品添加物が入っている可能性があるので、パッケージの裏をよくみてみてくださいね。

スポンサードリンク





-安全な食の選び方

Copyright© おいしくて安全な暮らし , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.