安全な食の選び方 魚・水産品

リン酸塩、ph調整剤無添加 環境を壊さない安心・安全のえびならエコシュリンプ

更新日:

らでぃっしゅぼーやのエコシュリンプを食べてみました。

ecoshrimp002

エビこそ、黒変防腐剤や保水剤などの添加物が心配な食べ物ですが、育て方にも問題があります。

エコシュリンプは、名前のとおり、“エコ”。環境にもやさしいエビです。

 

日本は世界有数のエビ輸入大国ですが、それを支えてきたのは、東南アジアでの集約型養殖です。集約型養殖池の多くは、海岸沿いのマングローブ林を伐採して作られています。

エビの産地では、生産性を重視するためにブロイラーのようなギュウギュウづめの環境で人工飼料や抗生物質を大量に投与し、その結果、その土地を使えなくし、薬漬けにしては次の土地へ、薬漬けにしては次の土地へ・・を繰り返すこととなってしまいました。

また、井戸水をくみ上げすぎて地盤沈下を起こすなどの問題も発生しています。

日本人は、マングローブを伐採しながらエビを食べていることになります。

エコシュリンプは、その生産者と消費者が地球環境を守りながら協力して生産しているエビなんです。

スポンサーリンク

エコシュリンプの養殖方法

エコシュリンプはインドネシアで育てられています、

エコシュリンプには、人工飼育や抗生物質はいっさい与えられず、一般的な養殖の10分の1程度の密度で、広々とした池の中を悠々と泳ぎまわってプランクトンや小さい虫などを自力で探してたくましく育ちます。

プランクトンは自然のえさなので、水を汚すようなこともありません。

水面をなでる風が水中に酸素を供給し、潮の干満が水の循環を促し、降り注ぐ太陽光が土壌を消毒するなど、きわめて自然な生育環境でそだっていまするので、身のしまったおいしいエビを成長させます。

 

エコシュリンプは産地一回凍結で新鮮

ecoshrimp001

元気にそだったエビは、新鮮な水にむかって遡上するエビの習性を利用して、自主的に漁獲用の筒に入りこませるので、傷つけることなくきれいな状態で収穫できます。

池からは専用ボックスに氷詰めして封印し、集荷場にあつめられ、分類され、24時間以内に加工場へ。一般的には、産地で漁獲されたエビは箱に入れられて凍らせて、輸入後、解凍したのち、再び冷凍されてスーパーに並びます。

エコシュリンプは産地一回凍結で新鮮でおいしい。

一般的なエビは変色防止やプリプリ感をだすために亜硫酸ナトリウム、pH調整剤、リン酸塩などの食品添加物が使われます。

プリプリのえびでおいしいと思いがちですが、プリプリなのは添加物のせいってことも。エコシュリンプでは、黒変防止剤や保水剤などはいっさい使用せず、えび本来のうまみと食感を大切にして冷凍加工されます。

 

海老は現地法人オルター・トレード・インドネシアが加工、保管し、オルター・トレード・ジャパンが輸入販売し、らでぃっしゅぼーやから消費者へ・・とそして、トレーサビリティが明確です。

エコシュリンプ下処理済み

背ワタをとって曲がらないように切れ目をいれた下処理済みもうっています。

 

エコシュリンプたべました。

ecoshrimp004

塩、酒をふって10分置いた後、水分をふきとり、にんにくのすりおろしとオリーブオイルをかけて

えびにうまみがあっておいしい~。

エコシュリンプのエビフライ

スーパーで買った海老だとエビフライをするとかなり縮んじゃうことがあるけど、大きいまま。しっかりしたエビフライができます。

 

らでぃっしゅぼーやのエコシュリンプLは 7-10尾(計200g)950円(税抜き)・・・100g 475円

 

オルター・トレード・ジャパンのエコシュリンプはその他の食材宅配でも手に入りますが おなじエコシュリンプLで比較してみたところ、

生活クラブ・・・100g 386円

大地を守る会・・・100g 418円

らでぃっしゅぼーやのエコシュリンプはちょっと割高かな。
エコシュリンプが買える店詳しくはこちらを

>>野菜セットお試し可能 8週間は全商品配送料無料!

>>美味しい安心食材生活クラブ宅配

>>大地宅配

スポンサードリンク





-安全な食の選び方, 魚・水産品

Copyright© おいしくて安全な暮らし , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.