比較・ランキング

生活クラブvsらでぃっしゅぼーや、大地を守る会などの取り扱いチョコレート比較

更新日:

もうすぐバレンタインデーの季節ですが、安心、安全でコスパがいいチョコレートを売っているのは、生活クラブだと思います。

choco20152

生活クラブで販売する月島食品工業のブラックチョコレートorミルクチョコレートは400gととてつもなく大きいのですが、カカオバター以外の植物油脂は一切使用していないGM(遺伝子組み換え)対策済みチョコレートです。

 

スポンサーリンク

生活クラブのチョコレート

choco20151

とても大きなチョコートは400g=800円。 100gで200円のチョコレートです。50gで100円。

市販の板チョコが55~60gで100円ぐらいなことを思えば、お値段はそう変わらず、中身が安心、安全なのがいいチョコレートです。

カカオマスとココアバターを主原料にグラニュー糖と全脂紛乳をたっぷり加えた最高級のクーベルチュールで、手作りチョコに使う製菓用としてもおすすめ。市販の製菓用のクーベルチュールなんてもっともっと高いです。

また、市販のチョコレートと食べ比べると、くちどけが違います。食べ比べるまではそんなにわからなかった私ですが、これをたべてから、市販の板チョコをたべてみると、口にずっと何かが残っているという感じがします。胸やけもしません。

冬場だけの販売なので、夏の分もまとめ買いして冷蔵庫保存している人も多いみたい。たしかに夏になるとこのチョコレートが食べたくなります。

らでぃっしゅぼーやと大地を守る会のチョコレート

らでぃっしゅぼーやで売っているチョコレートは、100g、527円のオーガニック認証取得のミルクチョコ。

市販のチョコレートには、チョコレートが溶けにくくなるように、よくまざるように乳化剤が入っていますが、こちらには入っていません。

大地を守る会にもFT有機チョコレート・ビターといわれるフェアトレードのチョコレートやナチュラルチョコレートミルクといわれる材料にこだわりをもつチョコレートが販売されていますが、らでぃっしゅにしても大地にしても100g=600円ほどが相場。

市販のものや生活クラブの3倍ほどの値段がします。

フェアトレードなのでしかたがないかもしれませんが、日常的に子供に食べさせようと思うとちょっとこのお値段は・・・というのが現状です。

 

おいしっくすのチョコレート

オイシックスのチョコレートは、普段使いできるようなチョコレートって見当たりません。

バレンタインの時期に限りデパ地下を意識した品ぞろえになっています。

DEAN&DELUCAやカファエル、ルタオなどの有名店のチョコレートを扱っています。安全とか質には得に重視されておらず、それぞれのお店にまかせているというイメージ。植物油脂や乳化剤、香料なども入っている商品も取り扱いがあります。

おいしっくすの場合、バレンタインチョコレートに関してのメリットは、いろんな有名店のチョコレートをあちこち買っても送料がそれぞれかからずまとめて1つでおくれるってことです。

ルタオはオンラインショップで購入すると北海道からのクール便でくるので、送料が結構お高い。

その点、おいしっくすくらぶにはいっていつもの注文と一緒にたのめば、わざわざデパートにいかなくてもいろんなお店のものが手にはいるってところが魅力です。

 

 

お店によってチョコレートの取り扱いはそれぞれですが、いかに生活クラブがいろんな商品に対して日常的に使いやすいお値段で安心なものをとりそろえているかがわかります。

生活クラブは各エリアごとに扱う商品がちょっとずつ異なりますが、チョコレートに関しては全国同じだと思います。もっと詳しく知りたいかたは、お住まいのエリアに資料請求して問い合わせてみてくださいね

>>美味しい安心食材生活クラブ宅配

 

スポンサードリンク








-比較・ランキング

Copyright© おいしくて安全な暮らし , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.